おフランスで買って来ました

かなり久しくご無沙汰しておりました。
5月にパリまで行ってジュリアンのコンサートを観て参りましたが、
完璧なステージにメロメロになって帰って来ました(どういう表現!)

コンサートの話はもう少ししたら書き出そうと思いますが、本日は
パリで買って来たCDの話題をさらっとご紹介します。

真っ先にお知らせなのは、この春フランスで出た新譜の中に、ジュリアンに
今まで曲を提供している3人のアーティストのアルバムも含まれています。
その3人にお返しというのではないのですが、ジュリアンが曲を提供しています。

最初はマキシム・ル・フォレスティエ
4月22日リリースの「Le cadeau」 で、ジュリアン作曲の「Le p’tit air」が
このアルバムからの最初のシングルと思いますが、ビデオがオンエアされています。



2人目はカルラ・ブルーニ
大統領夫人でなくなった彼女はアーティストに戻り、音楽活動を再開しています。
4月22日リリースの「Little French Songs」から3曲目の「Prière」という曲に
ジュリアンの名がクレジットされています。
残念ながら、この曲に関しては映像がないので、CDショップのサイトなどで視聴
してみて下さい。
e0267666_14245817.jpg


最後は
5月13日にジュリアンがシャトレでコンサートをやっていたその裏コンサートで
オランピアで歌っていたアレックス・ボーパン。
彼のことは前にもちらっとご紹介したと思いますが映画音楽の作曲家としてのほうが
有名な様です。
4月15日リリースの「Après moi le déluge」からやはりシングルカットされた曲
「Coule」をジュリアンが作曲しています。
で、これが最近の私の大のお気に入りで、通勤時のヘビロテになっています。



正直なところこの「Coule」を聴いていると、どうしてこういうポップな曲をもっと
自分のアルバムに入れてくれないのかな~と、思ってしまいます。

さて、
このところあまりフランスものを買わずにいた反動だったのか、今回は久々にCDの
大人買い(というのだろうか)をして来てしまいました。
買ったCDは上記のカルラとマキシムの他に

*「Love Songs 」 ヴァネッサ・パラディ
*「Le Chemin」  エマニュエル・モワール
*「Vengence」   バンジャマン・ビオレー
*「Le secret 」   ララ・ファビアン
*「Cyclo」      ザジ
*「Millesimes」  パスカル・オビスポ
*「Le Temps des Sourires 」 ミカエル・ミロ
*「Rock in Chair 」 フローラン・モテ
  (「Je ne sais pas」 って曲が前から好きで、満を持して買いました)
*BEBE FREDONNERシリーズのアラン・スーション編。

この他にメタルバンドのNIGHTWISHとGENESISのアルバムも。

そして、帰りの空港で、ユーロが残っていたので、
*「Roc'Eclair」  ジャン・ルイ = オーベール
*「Bichon」    ジュリアン・ドレ

最後の最後までCDばかり買い漁っていたわたし。
で,日本に帰って来て慌ててアレックス・ボーパンを買いました。012.gif

しかし、アレックスのアルバムは平凡ながらもホノボノした感じで、
これだったら昨年の日仏学院でのライブに行かなかったことが
惜しまれますわ。

****************************************************************
[PR]
# by julienclerc | 2013-06-09 14:10 | おフランスの音楽

お宝映像が続々と

ご無沙汰してしまいました。 ジュリアン以外のネタはいっぱいあるのですがちょっと
体調が優れないため、根性なしの私は長文を書く元気がなくて申し訳ないです。

ジュリアン・クレールについては、2人の奏者と共に欧州をまわっている「Pianistic Tour」
も50回近くなり、3月14~16日のベルギーのコンサートも大盛況だったようです。
今後のツアー日程をオフィシャルサイトから転記しておきます。


AVRIL 2013

4 – Denain – Complexe sportif
5 – Forges les Eaux – L’Espace J. Bauchet
10 – Saint-Malo– Palais du Grand Large
11 – Guipavas – L’Alizée
12 – Saint Brieuc – L’Hermione
16 – Belley – L’Intégral
17 – Bulle – Co2
18 – Genève – Théâtre du Léman
19 – Genève – Théâtre du Léman
20 – Lausanne – Le Palais de Beaulieu
22 – Rotterdam – De Doelen
23 – Amsterdam – Le Carré
26 – Groningen – Oosterpoort
28 – Gand – Le Capitol
29 – Anvers – Théâtre le Roma
30 – Anvers – Théâtre le Roma

MAI 2013

2 - Deauville - CID
3 – Saint-Marcel de Vernon – C. C. Guy Gambu
4 – Ormesson-sur-Marne – C. C. Wladimir d’Ormesson
08 - Londres – Shepherds Bush Empire »
13 – Paris – Le Théâtre du Châtelet
14 – Paris – Le Théâtre du Châtelet
15 – Paris – Le Théâtre du Châtelet
17 - La Chaux du Milieu - Corbak Festival
22 – Vierzon – Le Théâtre Mc Nab
24 – Dôle – La Commanderie
25 – Mondorf les bains – Casino 2000
29 – Yerres – Le Théâtre Cec
31 – Saint Quentin – Le Splendid

JUIN 2013

1 – Saint-Dizier – Salle Aragon
2 – Lille – Nouveau siècle
5 – St Vulbas – Centre International - Festival "Printemps de Prérouges"
6 – Aix en Provence – Le Pasino
7 – Marignane – Théâtre Molière
8 – Sanary – Théâtre Georges Galli
11 – Evreux – Le Cadran
13 – Mérignac – Le Pin Galant
14 – Biarritz – La Gare du Midi
15 – Toulouse – Le Casino
16 – Rodez – L'Amphithéâtre
26 – Nîmes – les Jardins de la Fontaine

JUILLET 20 13

07 - Tel Aviv - Opéra (concert symphonique)


前回お伝えした5月8日のロンドンは無料コンサートのようですね。
GWにイギリス旅行をかねてジュリアンを聴くのもいいですね。

このピアニステック・コンサートでは70年代の歌を何曲も歌ってくれているのですが
1975年9月にTVライブを行ったその映像を中心としてその頃の動画がyoutube
にも続々アップされています。 画像、音声が良くないのは古い物ゆえお許しを。




これ~、ジュリアンの胸のところのシミが気になって気になって....



ジュリアン颯爽と登場!と思いきや、靴のヒールが取れて大爆笑。

それから、コードが埋め込めないようになっていたのでアドレスだけのお知らせですが
私の大好きな曲「poissons morts」 もあります。
(ジュリアンの顔色がミジンコみたいなのが残念)
http://www.youtube.com/watch?v=fxl1hOuoKXU


さて、話題変わって、ジュリアンのブレーンとして、多くの詞を提供していたエチエンヌ
ロダ=ジルが亡くなってこの5月で9年になります。 
2人の強力なコンビはソルボンヌの学生だったジュリアンが大学そばのカフェ「Ecritoire」で
ギャルソンをしていたロダ=ジルと出会ったことから始まります。
そのカフェに私も2009年に訪れましたが、このカフェが映画に使われていたことを先月発売
の月刊FIGARO誌で知ってびっくり。
セドリック・クラピッシュ監督で2008年公開のその映画、「Paris」は私も観ていたのです。 
大学の歴史学教授ロラン(ファブリス・ルキーニ)が教え子のレティシア(メラニー・ロラン)
に恋してしまい、彼女が大学そばのカフェでお茶しているところへメールを送るという場面で
使われています。
メラニー・ロランが窓際席で外を見つめているので映画を観たときには全然気が付きませんで
したが彼女の後ろに写るオレンジ色のランプには確かに見覚えが。

画像の出だしが乱れていてすみません。
このカフェですが、1~2年前に経営者が変わり、かなり改装されてしまったようです。
だから私達が行った時(映画に写っていた頃)の面影がなくなっているかもしれません。

*****************************************************************
[PR]
# by julienclerc | 2013-03-24 10:57 | Julien

今年のジュリアンはかつてなく飛び回る

ご無沙汰しててすみません。
あのネタは?このネタは? と、考えているとあっと言う間に週末が過ぎて行って
しまいます。

で、今日は今年のジュリアンは世界を巡る!ということで、フランス以外の国へも
積極的に訪問。9月までコンサートが予定されています。

先ずは5月8日にロンドンのShepherds Bush Empireでピアニスティックコンサート
が行われます。 
e0267666_23435939.jpg

英語圏で歌うのは確か06年のツアーでワシントンへ行って以来だったと思います。
隣の国とは言え、珍しいと思いますね。
TGVで3時間の距離で近いけど、ロンドンから帰って13日から待望のパリ公演です
ので、65歳でこのスケジュール!にはちょっと心配です。
さらに9月19日~21日にはその珍しいコンサートが続きます。 
ニューヨークでジャン=ルイ・オベール、パトリシア·カースらと共に「Les Francofolies
débarquent à New York en 2013」という催しに出演が決まっているようです。 
e0267666_23444170.jpg

エディット·ピアフの命日を記念して(ピアフの命日は10月10日)ということなので、ピアフの
曲も歌うのでしょうね。


そして、前後してしまいましたが、7月7日の七夕の宵はイスラエルはテル-アビブでまたまた
オーケストラと共にコンサートです。
場所は国立オペラ座テルアビブにて行われることが決定しました。
このコンサート、相当お金掛けているようなのですが、スポンサーのLollyprod社(う~ん、
中東の会社には全く知識がありません。 どなたかご存知だったら教えて下さい)は
来月に作家エリー・セモンの公演や、8月にはパトリック·ブリュエルまで呼んでいます。
その上、ジュリアンのコンサートには専用サイトまで作ってしまっています。
http://www.lollyprod.com/julien/infos.htm

すでにチケットは売り切れ間近とのこと。
どんなコンサートが繰り広げられるか楽しみです。


***********************************************************
[PR]
# by julienclerc | 2013-02-23 23:47 | Julien

幻の映画がDVDに!

今から遡ること37年前(!)の1976年に公開された映画 『D'amour et d'eau fraîche』
が誰の気紛れからかDVD化されました。
そう、ジュリアン・クレールが主演し、女優Miou-Miouと5年に渡る生活を始めるきっかけ
となった映画です。
邦題は「愛と新鮮な水」とされていましたが、日本での公開はありませんでした。

e0267666_2243051.jpg

『D'amour et d'eau fraîche』
監督 : Jean-Pierre Blanc
主演: Annie Girardot、Miou-Miou、Julien Clerc...
公開日: 1976年3月24日

あらすじは・・・今となってはよく覚えていないのですが、確かジュリアン扮するピアノ教師の
ジップは20歳も年上のモナ(アニー・ジェラルド)の愛人(ヒモってことですね)だったが、
ある日リタ(ミウミウ)に出会い、お互い愛し合うようになる。 
しかしリタは病に倒れ、ジップはモナの元へ戻って行く・・・こんなストーリーだったと思います。
e0267666_22384140.jpg



アマゾンではすでに在庫切れですがフナックではまだ在庫がありそうです。
尚、フナックのデータによると、聴覚の不自由な人の為にフランス語字幕が設定されている
ようなので、字幕も使えればおフランス語の勉強にもなりますし、第一私のように字幕が
なかったら2%も聞き取れないであろう人間には大変有難いソフトになっています。
e0267666_2239323.jpg


ぜひ、一家に一枚いかがでしょうか。

********************************************************************
[PR]
# by julienclerc | 2013-01-26 22:43 | Julien

大寒ですが...

暦の上では明日は大寒です・・・ですので、今更なのですが、
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。


新年初回からジュリアンネタを持って来ようかと思っていたのですが
余りに変なレターが送られて来たのでご紹介します。

フランスでは泣く子も黙るロックバンド、Téléphoneのヴォーカル、
Jean-Louis Aubert‏に昨年秋位からハマっていまして、昨年出たライブを
買ってポツポツと聴いています。
e0267666_2231262.jpg
e0267666_2232178.jpg

ポツポツなのは、他に聴くべきものがいっぱいあるのと、Jean-Louis Aubert‏は
私にとっては聴く曲と聴かない曲が結構分かれている人なのです。

でも、そのライブアルバムに入っていたスタジオ録音の「Vingt ans」がとても
気に入って、ついそのアルバムを買ってしまいました。
e0267666_2382248.png



ジュリアンと同じレーベルだから?、よくニュースレターが送られて来るのですが
今日来たレターで爆笑したのでご紹介します。

『あなたもこれでJean-Louis Aubertのシルエットクッションが作れます♥♥♥』‏

用意するもの:
e0267666_22563334.jpg

先ず、届いたレター内にJean-Louis Aubertのシルエット(PDF)へのリンクが
あるので、PDFを取り出して、印刷しておきます。

e0267666_22582240.jpg

プリントしたシルエットをカッターで上手く切り取って。。。

e0267666_22584888.jpg

スプレーで色(これはアルバムのシルエットが紺色なので紺を選びましょう)を噴き
つけて、乾くまでいい子で待ちましょう。

e0267666_22592169.jpg


コンサートで買うマーチャンダイズよりステキなクッションの出来上がりです!
(コンサート会場で高いTシャツ買わなくてもこれで済むわよね~)

・・・・フランス人も面白いことを考えるものです。


*************************************************************
[PR]
# by julienclerc | 2013-01-19 23:10 | おフランスの音楽

続報です

12月17日に遂にゴール・インされたというジュリアン、エレーヌのお二人ですが、
12月26日発売のゴシップ誌「Gala」にどうやら詳細が載っているようです。
まだそれが入手できていないので、内容はファンのFaceBookなどから推測するのみ
なのですが、本当のところはよくわかりません。
結婚報道後、twitterではジュリアンの飼い犬が手術したとか、エレーヌが第二子を
懐妊しているとか、結婚したのに婚約指輪を二人で買いに行ったとか、最後には
「死んだ」とまでtwitされていました。
本人は何もプライベートなことは言っていない様子なので憶測だけが宙を飛び交って
いるのですが、その中でもエレーヌの第二子ご懐妊は事実のようです(って結局憶測
ですよね)
「Gala」誌の写真だけはFBの友人から公開されたので、貼り付けておきます。
e0267666_2362677.jpg


e0267666_238079.jpg


それから年内はお休みに入っている2台のピアノによるリサイタルは1月9日Chavilleから
再開されますが、年内最終日のコンサート(Rueil-Malmaison)での曲目がわかりました。


Ballade en blanc
Fou, peut-être
Le petit vieillard qui chantait mal
Hôtel des Caravelles
Ca fait pleurer le bon dieu
Mon ange
Si tu reviens
Ivanovitch
Avant qu'on aille au fond des choses
La fée qui rend les filles belles
Si on chantait
Le patineur
Les menhirs
La fille de la véranda
A mon âge et à l'heure qu'il est
Double enfance
Adelita
A la fin, je pleure
Je dors avec elle
Déranger les pierres
Partir
Mélissa
Le phare des vagabondes
Coeur de rocker
Ce n'est rien
Lili voulait aller danser
Ma préférence


また、ジュリアンのツアーでの片腕である美人ピアニスト、Aurore Crévelierが彼女の
ブログで今回のコンサートでの”用意曲”をリストアップしていますので、参考になります。
http://solvejpeint-aurorenews.blogspot.fr/p/liste-des-chansons.html
核になる曲は選曲の半分以上なのでしょうが、現に、コンサートによってランダムに曲を
変えているようですので、オーロラ嬢のリストはこれからコンサートに行かれる方の予習
には大変参考になると思います。


******************************************************************
[PR]
# by julienclerc | 2012-12-29 23:09 | Julien

今日はこのニュースしかないですわ

3年ぶりの自民党圧勝も、今週の私の誕生日も、もうすぐ給料日010.gif
全部全部このニュースのせいでぶっ飛んでしまいました!!


071.gifJulien Clerc s'est marié avec Hélène Grémillon 058.gif054.gif
  
e0267666_23135110.jpg

 12月17日、二人はパリ16区の役所に婚姻届を提出し、サルコジ夫妻らごく身近な人たちを
集めてパーティを開き、祝福されたとの報道です。

  
e0267666_23112488.jpg

今まで事実婚の歴史は色々あれど、70年代のインタビューでは「結婚がカップルのゴールじゃない」
と、独身(戸籍はキレイ)で通すような言い方をしていましたが、人生も曲がり角を過ぎ、今は
元気でも20年後は・・・との思いが湧いて来たかもしれません。
人間、お金だけでは生きていけませんからねぇ。

とにもかくにもオメデトウゴザイマス!(ちょっとやけ気味021.gif

お幸せに♥♥♥

  
e0267666_2312255.jpg
 


******************************************************************
[PR]
# by julienclerc | 2012-12-21 23:16 | Julien

オペラ座DVDを見ました。

ほかの新譜と一緒に頼んだ為か、クリスマス配送で遅れていたのかは定かではありませんが、
我が家にもジュリアンのオペラ座ライブのCD+DVDが届いたのは先週月曜日(10日)
でした。 やっと、です 042.gif 042.gif

e0267666_14295978.jpg



月曜日に届いて急いで音(CD)だけは夜鍋してWALKMANに落として翌日から通勤の
お供にしていたのですが、映像だけは残業続きのため、やっと鑑賞できたのが昨晩でした。

CDでは声を聴く限り”かなり疲れてるな~”という感じがしたのですが、映像では元気
いっぱいのジュリアンの姿が見れてとても嬉しかった。。。
既に1月に同じコンサートを観て来ていたので特に目新しいこともないはずなのに、
1曲目の「Jaloux de tout」が始まったとたんに自分の部屋がオペラ座になってしまったか
のように、身体が揺れていました。 
そして次の「La belle est arivee」以降は泣きながら聴いていました 012.gif
次に何の曲が来るか分かっているはずなのに、曲のイントロを聴くと「わぁ~!」っと
歓声をあげるわ、手拍子はするは...ジュリアンの歌の世界に引き込まれていきました。
そして一気に見終わりました。
今回はジュリアンの左斜め上からのアングルでのカメラワークがすごく良かったと思います。
まるでジュリアンの隣で聴いているようなとても近い、暖かい感じで。
難を言えば(←これは私の悪い癖ですが)、映像に落ち着きがない。 言い換えれば、色々な
アングルでカメラがジュリアンやオーケストラを捕らえているのはいいのですが、もう少し
このアングルで見ていたいと思う間も無く画像が変わってしまうところですね。 結構
さっささっさと画面が変わるので、”ここでジュリアンの表情がいいのに”と思うところで
ホルンのお姉さんが映ってしまったりしていたのはちょっと残念でした。
そして、ファンのひとりと化して嬉しそうに踊っているエレーヌがやたら映っていて
”おいおい!” 021.gif

客席1列目の殆ど知った顔のファンのおじ様、おば様ばかりだったのを見たら4月に
この場に居られなかったことが残念でなりません。



限定盤のCDについていたDVDとブルーレイのDVDは違うのかと思ったらどうやら
同一のものみたいです。 私はどちらも買ったのですが、BDは自分のPCのソフトの
ヴァージョンが古くて対応できず、ソフトを買い直さなければならなくなってしまいました。

でも、ジュリアンを綺麗な画で見たいので、(そのうち)入れ直します。


メイキングはもっとジュリアンの姿が映っているのかと期待して見たのに、本当の
「メイキング」で、~オペラ座に機材が搬入されてコンサートが終わって搬出されるまで~
だったので、それもちょっと期待はずれでした。
でも本編はすごく良かったです。
ぜひ一家に一枚 ジュリアン・クレール オペラ座DVDを!!






************************************************************
[PR]
# by julienclerc | 2012-12-16 15:12 | Julien

オペラ座DVDとリサイタル

11月26日? ずいぶん先だよね~と、言ってたらもう3日後に迫った待望のオペラ座での
ライブDVD発売ですが、ジュリアン・クレールさんの動画サイトでは一部を公開しています
ので、それを載せます。
尚、20日にパリでこのDVDの試写会があったのですが、そこにはジュリアンも現れて
このDVDについて宣伝したようです。



そして、オランダのコンサートは30分で完売!との話も伝わって来ているほどユーロ各地で
好評のピアニスティック・ツアーですが、 先日はもう一人のピアニストのAurore Crévelier
はチラッと紹介しましたが、パーカッション担当のお兄さん(!)はまだでしたので、本日ご紹介
致します。
e0267666_23264077.jpg

その名は Dominique Spagnolo。 若いのですが、なかなか守備範囲の広い音楽家の
ようです。 ボルドーのコンセルヴァトワール卒業で、作曲、ピアノ、古楽器アンサンブルを学ん
でディプロマまでとっています。 マッシーのオペラ監督を勤めたり、若い音楽家のために色々な
フェスティバルなどの音楽監督もこなしてバリバリのクラシック畑の人です。
それがどうしてシャンソンへ行ってしまったのかよくわかりませんが、Florent Pagny, Stanislas,
Calogero, Emmanuel Moireなどスターのアルバムのピアノやディレクターを担当して来ました。

休日にはクラシックを聴きに行くというジュリアンには彼を採用するのはウェルカムだったのかも
しれないですね。
このピアニスティックのライブ盤もぜひ出して欲しいところです。


そして!
色々な人のブログからかき集めた情報なのですが、そのピアニスティックのライブで歌われる曲が
ごく一部ですがわかりました。
コンサート当日まで知らない方が幸せ♥♥と、おっしゃる方はこれ以下はご覧になりませんように。。。


曲目
Le directeur du grand hôtel
Blues indigo
Sertao
Juste comme un enfant
Prends ton coeur par la main
C'est mon espoir


70年代の曲ばかりで感涙ものです。



*******************************************************************
[PR]
# by julienclerc | 2012-11-23 23:28 | Julien

ユミンスキがお嬢様と一緒に

カロジェロやスタニスラスとのプロジェクト「Circus」のアルバムも好調な
フィリップ・ユミンスキが15日パリでコンサートを行いました。
e0267666_1693628.jpg

(相変わらず可愛い!)

すでにコンサートの模様もYOUTUBEでアップされていました。


パリに住んでいたらきっと行ったと思います。


・・・そして割と小さな会場でのライブなのですが彼が立てた前座アーティストが
います。
その名「Vanille」
そう、先日お伝えしたジュリアンのお嬢様。

ジュリアンのフランスのファンサイトでもおば様たちが彼女の「何か動いているもの」
を探していたのですが、やっと動く(歌う)お嬢様のビデオを見つけて下さいました。

全然お父さんと歌のジャンルは違うのですが(mskさんのコメントにもありました!)
フォーク系でボソボソ系じゃない歌い方です。

http://vimeo.com/swoonproductions/vanilleemma
(画像が出なくてすみません。 ↑ のアドレスです)

5月にシャトレ座でお父さんの前座で歌うというウワサも出ていますが・・・。
正直まだ早いでしょうねぇ。

*****************************************************************
[PR]
# by julienclerc | 2012-11-18 16:34 | おフランスの音楽

今夜は良く眠れるでしょう~

明日から仕事なので(?)急ぎご紹介。

ハープとチェレスタ(と思います)か、古楽器演奏によるジュリアン・クレールの
アコースティックCDが発売されています。(詳細分からなくてごめんなさい)

これがアマゾン・フランスで出ていたCDジャケットです。
e0267666_16505580.jpg


アマゾン・ジャパンは残念ながらCDはなく、MP3だけですが、試聴できて、PCや
iPODなどのツールには取り込めます。
そのジャケット代わりのカバーと、収録曲はこちらです。
e0267666_16583226.jpg

e0267666_1655528.jpg



試聴するとなかなか良い演奏で、確かに赤ちゃんでさえハミングする感じです。
ほんわか~っとした感じで、子守唄のよう。 これを聴いていたらよく眠れそうです。
(試聴は↓で出来ます)
http://www.amazon.co.jp/B%C3%A9b%C3%A9-fredonne-Julien-Clerc/dp/B00A3S26S8/ref=pd_rhf_se_p_t_1
同じシリーズで、ゲンズブールとスーションも出ています。
http://www.bebefredonne.com/
全部買いたいなぁ。
***********************************************************
[PR]
# by julienclerc | 2012-11-11 17:03 | Julien

これ以上泣かせないで下さい

今日は最近の話題を1つ。

みなさんご存知と思いますがプロレスラーあがりで、ピン芸人、でも全然売れてなかった
「鉄拳」さんが書いたパラパラ漫画が今やイギリスを代表するバンド、MUSEのプロモー
ションビデオとして正式に採用されたことです。

鉄拳さんはそのキャラ(外見)とは似ても似つかぬ泣かせるパラパラ漫画を描いています。

初めて私が見たのは確か「絆」という作品でした。そして5月にMUSEの曲をBGMに描いた
「振り子」という作品が話題になり、MUSEの曲を使っていたことで本人たちの目(耳)に
留まり、正式ビデオクリップとして認められ、10月31日から欧米59カ国へ配信されている
そうです。 私が何をいわんや、ですね。ご存じない方はぜひご覧下さい。



TVで売れない芸人だけを集めた番組でさえ、顔の派手さの割には全く地味な存在だった
鉄拳さん。 素晴らしい!! 
この作品を見て暫く涙が止まりませんでした。
そして最新作も悲しい物語です。



馬場俊英さんという人の曲を使っていますが、歌詞と漫画の内容がリンクしてて
また泣けて来ました。 これ以上泣きたくないから当分鉄拳さんの漫画は見れないです~007.gif


ところで、最初の話のMUSEというバンド。
私が彼らの曲を初めて聴いたのは10年前。下北沢のRというレコード屋さんでした。
たまたまメタルの中古品を探していて店内でこのバンドの「Origin Of Symmetry 」
というアルバムを流していました。余りに印象的な曲ばかりなので、結局全曲聴いて(後日)
買いました。( ↓「Origin Of Symmetry 」のアルバムジャケットです)
e0267666_2317212.jpg


それ以降、彼らのアルバムはだいたい入手しています。



そして彼らが1月に来日すると知ったのは正に今日の今日!
行きたい!! でも今の体調だとライブに行くのはほぼ無理なので、行った人の
ブログでも探して楽しもうと思っています。
きっとバンドメンバーは鉄拳さんと会うのでしょうね。

e0267666_2345336.jpg




*****************************************************************
[PR]
# by julienclerc | 2012-11-10 23:09 | 音楽(rock)

お嬢様が歌う

今日は仏語のクラスもお休みなので、クローゼットの中を冬物へ衣替えして
掃除して、午後からのんびりネット徘徊をしておりましたところ、お嬢様の
デビューの話がネット上で盛り上がっていました。

お嬢様とは・・・ジュリアンとVirgnieとの間では長女で、ジュリアンにとっては
3番目の娘にあたるVanilleです。

e0267666_1731264.jpg


お嬢様は今年24歳になられます。
モデルとシンガーの二足のワラジでフランスのショウビズ界にデビューしたようです。

残念ながら、音が入っているものが見つからないのですが、写真だけはたっぷり
ありましたので、ご紹介します。

e0267666_17371710.jpg
e0267666_17372721.jpg


さすがにモデルもされているので、スタイルはバツグンですね。

先日はお母様とお買い物も。
e0267666_17404163.jpg


9月位からパリの小~さな劇場でアコースティックライブをやっていたようなの
ですが、11月4日(明日!)はパリ20区にあるGambetta Clubというところで
ライブがあります。

FB(FaceBook)のイベントのところに告知が出たらさぁ大変。 お母様、おじ様の
親戚一同が「行きま~す」って手を上げているのにびっくりだったのですが、
なんと他県のジュリアン・クレールファンまでもがこぞって「参加表明」している
のです。

別に悪いとは言いませんが、何でもかんでもジュリアンの身内は応援しますという
ジュリアンの親衛隊の皆様には毎回驚かされます。
彼女であるHeleneが本を出した時も、どのFNACでサイン会をやってもサインを
求めて並んでいるのはジュリアンの親衛隊の方々ばかり。

私は日本人で良かったよ、と思いましたね。

<<追加>>
せっかくなので? お父様との近影もおまけしておきます。
e0267666_22114630.jpg


目の形、口の形、ちょっと地黒のところもそっくりです。


********************************************************
[PR]
# by julienclerc | 2012-11-03 17:52 | おフランスの音楽

DVD予告編 

 今、会社から帰宅したら、JULIEN CLERCさんからメール(ビデオレター)が
届いていたので、すぐにご紹介しなければ~と、アップしました。


ジュリアンの姿はともかく、やはりオペラ座・・・オペラガルニエの素晴らしい装飾
などが、これでもかという感じで迫って来ます。
YOUTUBEでは音の状態はわかりませんが、フランスの音響、レコーディング
技術は素晴らしいとクラシックミュージシャンにも評判なので期待しています。

4週間後にはこの映像が手元に届きます(わくわく)

なお、日本のアマゾンやHMVなどでも予約が始まっているので、海の向こうから
買うのは面倒と言う方は、ぜひ日本での知名度アップの為にもご利用下さい。


***********************************************************
[PR]
# by julienclerc | 2012-10-31 21:42 | Julien

予約が始まりました~

遅い!と(ここで)文句を言ったのが聞こえたのか(んな訳ないでしょう047.gif
今朝見たらfnac、amazon.fr共に『symphonique』の予約が始まっていました。

フォーマットは ライブ①CD2枚組(€14.99)、②CD+DVD(€17.99)そして③DVD
(BLUE-RAY)(€18.35→アマゾン、€18.99→フナック)の3種類です。
CDに付いているDVDはその価格から言って恐らくブルーレイではないと思いますので、
BD対応機種をお持ちで高品質サウンドで観たい方にはブルーレイのほうが良いかも
しれません。

さて収録曲ですが、

Disque : 1
1. Jaloux de tout
2. La belle est arrivee
3. Ballade pour un fou
4. Je sais que c'est elle
5. Fou, peut être
6. C'est une andalouse
7. La jupe en laine
8. La nuit c'est tous les jours
9. Le coeur volcan
10. Hôtel des caravelles
11. Le patineur
12. This melody

Disque : 2
1. Utile
2. Jivaro song
3. Je suis un grand cygne blanc
4. Le temps d'aimer
5. Si on chantait
6. Double enfance
7. Elle voulait qu'on l'appelle venise
8. Let the sunshine
9. Ma preference
10. Femmes je vous aime
11. Ce n'est rien

全23曲です。
収録時間は明記されていませんでしたが約2時間位でしょうか。
1月のコンサートは26曲だったので、3曲少ないですね。
1月のセットリストと比較すると以下の曲が入っていませんでした。

Niagara
Les jours entre les jours de pluis
Fais-moi une place

「Niagara」はピアノ連弾でしたので、今ツアー中のPianisticリサイタルに
形式が被ってしまいますからカットは仕方ないですが、「Fais-moi une place」
が無いのはちょっと残念です。

でも、やっと全容が分かったので早速予約しようと思います。

e0267666_10523758.jpg
e0267666_1053183.jpg


***************************************************************
[PR]
# by julienclerc | 2012-10-21 10:55 | Julien

おフランス旅行番組の影響で

今日はいつもの予定を変更して急遽病院へ行くことになり、朝、少し時間が出来たので
朝日放送系列の「旅サラダ」という番組を見ていました。
http://asahi.co.jp/tsalad/monthly/20121020.html
いつもは見ない番組なのに、偶然にも今朝はフランスの旅で、ストラスブールと
その付近の"ワイン街道”というアルザス地方のワイン村をレポートしていました。
アルザスの美しい景色のバックにはドビュッシーやサティ、ビゼーなどの曲が流れてきて、
やっぱりフランスの作曲家の曲はフランスの景色にマッチするな~と、うっとり聴き入って
いました。


で、今日はクラシックをゆっくり聴こうと、午後からPCに入れていた色々な作曲家の曲を
聴いていました。
曲がいつの間にやらチャイコフスキーのくるみ割り人形組曲になっていました。7曲目の
「葦笛の踊り」が始まった時に ”あれ、この曲最近聴いている?”と、思ってよ~く思い
出してみたら、あの光景が浮かんできました。



ジョーンズ氏が現れてからは曲がプロコフィエフの「ロミオとジュリエット」になってしま
いましたが、私が犬好きで、お父さん犬のカイくんの顔が我が家の2代目の飼い犬に似て
いたので、このコマーシャルが流れるとつい見入ってしまいます。


内容はかなりクダラナイのですけど、子供と動物のコマーシャルはいつでも強いですね。

***************************************************************
[PR]
# by julienclerc | 2012-10-21 00:41 | 音楽(classic)

11月26日は遠い・・・

ジュリアンのエッセンシャルCDと一緒に4月のオペラ・ガルニエでのライブCD+DVDを
買おうと思っているのに、なかなか予約が始まりません。
約1ヶ月先だから、しかたないのかなぁ~。

e0267666_2315399.png



今日は会社を休んでしまったので、PCで仕事をしつつも時々”何か無いかなぁ”039.gif
とネット徘徊していたら、F2でのビデオの画像(静止画)を見つけたので、貼っておきます。

まずはオープニング。
まるでNHK教育テレビ(とは今は言わないのですよね)で海外のオーケストラのライブ放送を
やる時に出てくる画像みたいで威厳ある感じです。

e0267666_23254613.jpg



そしてコンサートの中身の大ダイジェスト

e0267666_23234884.jpg



早く来い来い11月! です。


*******************************************
[PR]
# by julienclerc | 2012-10-19 23:27 | Julien

エッセンシャルCDの中身

先日ちらりと書きました13枚組のエッセンシャルCDの内容がわかりましたので
今日はお知らせ致します。

13枚セットのうち12枚までは過去のアルバムがそのまま。
13枚目がシングルのみの発売曲と最近のコンサートでよく歌っていた比較的
最近の曲になっています。

Disc 1
1Yann et les dauphins
2Les vendredis
3La petite sorcière malade
4Le delta
5Sur tes pas
6Ivanovitch
7La tarentelle
8L'amour en chantier
9Jivaro song
10Julien
11La cavalerie

Disc 2
1Des jours entiers à t'aimer
2Bourg la Reine
3Si tu reviens
4Faillite (First National City Bank blues)
5La Californie
6Zucayan
7Quatre heures du matin
8Carthage
9Les menhirs
10Des larmes sucrées
11La veuve de Joe Stan Murray

Disc 3
1Ce n'est rien
2Adelita
3La fée qui rend les filles belles
4Les tout petits détails
5L'éléphant est déjà vieux
6La fille de la véranda
7Niagara
8Et surtout
9Rolo le baroudeur
10Chanson pour mémère
11Coeur de Dieu
12Les enfants et les fifres

Disc 4
1Si on chantait
2Le canon de la nation
3Sertao
4Elle a au fond des yeux
5C'est la terre
6Des mots d'ailleurs
7Jouez violons, sonnez crécelles
8La longue épine
9London-Derry
10Laisse le monde
11Le patineur
12Le marteau

Disc 5
1Introduction
2Heureux le marin qui nage
3Le secret de l'amour
4Je sais que c'est elle
5Bec de lièvre
6Radeau de pierre
7Poissons morts
8Ce n'est pas
9Ca fait pleurer le bon Dieu
10Cécile
11Vous

Disc 6
1Terre de France
2Le piano éléphant
3C'est une Andalouse
4Les boucles de Garonne
5Lune lune
6Le ciel tatoué
7Danse s'y
8Sans toi
9Le directeur du grand hôtel
10Bateau pressé, capitaine pas bon
11Le petit animal
12Le maître du palais

Disc 7
1Souffrir par toi n'est pas souffrir
2Prends ton coeur par la main
3Une journée pour rien
4Dors bien
5Les cafards
6This melody
7Bien longtemps après
8Je voyage
9Elle voulait qu'on l'appelle Venise
10Juste comme un enfant

Disc 8
1Je dors avec elle
2Jaloux de tout
3Les amours sans larmes
4Pièce bleue (Instrumental)
5Travailler c'est trop dur
6Ma préférence
7Macumba
8Dans mon cirage
9Le coeur nu
10J'ai eu trente ans

Disc 9
1Femmes... Je vous aime
2Cabane micro
3Moi j'te connais comm'si j't'avais défaite
4A son cou, à ses genoux
5Je vous écris du fond de ma ville
6Indiscrétion
7Lili voulait aller danser
8Hiver 81
9Quelle heure est île marquise ?
10Blasphème

Disc 10
1La fille aux bas nylon
2Mélissa
3Amour consolation
4Angela
5Y'a plus de rock au Tennessee
6Respire
7Aime-moi
8Bambou bar
9Tant d'amour
10To Be or Not to Be Bop

Disc 11
1New Virginia
2Noé
3Ballade en blanc
4Charpie de chapka
5Seule au monde
6Coquetier bleu
7Utile
8Free Demo
9Amazone
10Toi, tu me plais
11La belle est arrivée

Disc 12
1Hôtel des Caravelles
2Le temps d'aimer
3La nuit c'est tous les jours
4Les souvenirs
5Les jours entre les jours de pluie
6Fou, peut-être
7Le père dit à son fils
8L'amour prend tout
9Où est-elle ?
10La romance du petit cheval
11Les dégâts
12Sur la plage, une enfant

Disc 13
1Laissons entrer le soleil
2Le coeur volcan
3Ca commence comme un rêve d'enfant
4Partir
5Le coeur trop grand pour moi
6Quand je joue
7L'assassin assassiné
8Coeur de rocker
9Mon ange
10Hélène
11Fais moi une place
12Les séparés
13Si j'étais elle
14Double enfance
15La jupe en laine



ご覧の通り、1~12のアルバムタイトルは
"1er Album" (1970),
"Des Jours entiers à t'aimer" (1970),
"Niagara" (1971),
"Liberté Égalité Fraternité" (1972),
"Ça fait pleurer le bon Dieu" (1973),
"Terre de France" (1974),
"N7" (1974),
"Jaloux" (1978),
"Femmes, Indiscrétion, Blasphème" (1982),
"Aime moi" (1984),
Utile (1992),
"Fou, peut être" (2011).
なのですが、13枚目はアルバムに入ってなかった曲とか、
ジュリアンというよりはファンの好みを反映させた気がします。

"Essential”と言えば聞えは良いのですが、まぁ寄せ集めですから、
今更買う必要がないと思うのですが、そこはEMIの商売の上手さですね。
『完全な伝記を備えた100ページのブックレット、未発表の写真や
珍しい文書の複製』付きとのことですので、またお財布の紐は
緩まってしまいますね。


★それから、「良い意味で期待を裏切る素晴らしいコンサート」と、ファンの間でも
話題騒然の”ピアニスティック”ライブですが、最新作『Fou, peut-être 』でもその腕前
の確かさを披露していて、先月までのオーケストラとのコンサートツアーにも
同行した(子持ち)美人女性ピアニスト Aurore Crévelier が一緒にピアノを弾いて
います。 更に2台のピアノとは謳いながら、パーカッションのお兄さんが一人居るよう
です。 その辺はもう少し調べてからご報告しますので。

e0267666_016178.jpg
e0267666_016455.jpg





*************************************************************
[PR]
# by julienclerc | 2012-10-14 00:17 | Julien

ジュリアンの誕生日とアレックスに関するニュース

今週、10月4日、ジュリアンが65歳の誕生日を迎えました。
日本では”高齢者"とか"年金受給者”と言われる年齢になって
しまいましたが、「老いてますます盛ん」な(おじいでなく)”おじ様”です。
e0267666_23175194.jpg

              ちょっと古い写真ですが、回りのメンツと差が見えません

昨日からいよいよ始まった「2台のピアノによるリサイタル」について
さすがにまだコンサートの内容を伝える報道はないのですが、その
様子がわかりましたら、ここにアップしますので~。

e0267666_23313583.jpg
これは「オペラ座ライブ」DVDのコマーシャルフォトです。

で、ジュリアンのその他の話題ですが、
1)自伝「Je veux être utile 」は11月2日発売(らしい)
 ⇒これ、発刊するってアナウンスがあってからすでに1年以上
  経過しています。 ホンとに出てくるのだろうか?

2)13枚組CDが出ます(11月6日)
 ⇒アマゾンFRで偶然見つけたのですが、EMIのサイトにも載って
  いたので間違いじゃぁないと思う・・・と書いていたら、フランスの
 目ざといファンはしっかり告知しているサイトを見つけてくれました。
 http://www.jpc.de/jpcng/poprock/detail/-/art/Julien-Clerc-Le-Coffret-Essentiel-Ltd-Box/hnum/3184167

e0267666_23215379.jpg


 新曲が出る噂もあるので、この中に入ってしまっているとかなり困ります。



さて、次はジュリアンの周辺の人々なのですが、6月のツアーで前座で、ジュリアンの
最新アルバム「Fou, Peut-Etre」に曲を提供しているAlex Beaupainが来週
来日して、私が通う日仏学院でミニコンサートを行うそうです。

e0267666_233332.jpg


うううううう~ん。行こうかどうしようか迷っていますが、最近ますます出不精になって
しまっているので、面倒だな~って思うほうが先にたってしまうのです。
あ、でもこの日って授業がある日じゃない!!
しかし~~~。 授業後ずっと学校に留まるのも面倒だしなぁ。。。20時始まり
なんて、おフランス時間じゃないの。
第一、彼の曲で知っているのはジュリアンに提供したたった1曲
これしか知らないですわ。
でも世の中にはきっと彼のことをジュリアン以上に"愛してる♥♥”方もいらっしゃるでしょうから
アレックス・ボーパンに興味をお持ちの方は是非、下記へお問い合わせを。
http://www.institut.jp/ja/evenements/12273

*******************************************************************
[PR]
# by julienclerc | 2012-10-06 23:26 | Julien

5月のパリへ

 昨晩すごい雷雨になりました。
昨日のお昼までムシムシした暑さが続いていたのですが
一晩で空気が入れ替わったようです。
今日は朝から清清しい秋の空気に包まれています。
暑いのが苦手な私にとっては「やっほ~、秋が来たぞ!」043.gif

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったものですね。
今日はお彼岸の中日です。


さて、
先日Julien Clercのこの秋から始まる新たなツアー「2台のピアノによるリサイタル」
の日程をこのブログ上でお知らせしました。
それから何日か日程が追加されているのですが、最終的には2013年に渡り、延べ100回の
「リサイタル」が予定されているそうです。

e0267666_17351965.jpg


オーケストラとの競演でもワクワクしながらパリへ行って公演を観て来ましたが、
2台のピアノでのアコースティックな”リサイタル”も興味津々で、パリでは必ず複数回の
公演があるので、パリの日程を狙って行くことを決めていました。

ところが、パリの日程が発表されて”が~ん!"
なんとパリ公演はGW後、5月13~15日の三日間。007.gif
「うっそぉ! ジュリアンの悪魔~~031.gif もう10日前倒しだったら
ちょうど休みで大手振って行かれるのに!!」

しかし、今月始めにオランダの友人から「パリのチケット売り出したから、早く、早く~!!」
という緊急メールを朝4時に受け取ってしまったのが私の心を動かしました。
「会社に文句言われようとパリへ行くぞ!」
朝4時半からPCの前でカタカタ...パチパチ...と、会場であるシャトレ劇場にアクセスして
3日間のチケットを無事にゲットしました。
余りにも良い席が取れたので、オランダの友人には感謝、感謝です。
しかし、このときだけは本当に「早起きは3文の得」と思いましたね~。

今、会社が色々と大変な時期で、来年5月の自分の立ち位置も分からないのですが
ホテルも取ってしまったし、チケットも我が家に到着しましたので、毎回ですが
「行くっきゃない」です。
e0267666_17334062.jpg


いつもいつも冬支度で、行きから荷物は重く、寒さに震えるパリばかりだったのですが
次回はお花も美しい季節なので、郊外へも足を伸ばせるかな~と、楽しみが出来ました。
(日程は毎度変わらずの強行軍なのですが。)

****************************************************************
[PR]
# by julienclerc | 2012-09-22 17:42 | Julien


音楽を中心として日々思うことを徒然なるままに~


by tomichan

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

Julien
音楽(rock)
音楽(classic)
音楽(popular)
おフランスの音楽
生活
景色
食べ物
Sports

最新の記事

おフランスで買って来ました
at 2013-06-09 14:10
お宝映像が続々と
at 2013-03-24 10:57
今年のジュリアンはかつてなく..
at 2013-02-23 23:47
幻の映画がDVDに!
at 2013-01-26 22:43
大寒ですが...
at 2013-01-19 23:10

以前の記事

2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

Jasouyouqui ...

ライフログ

タグ

(3)

外部リンク

ファン

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧